今日は「東大」に行ってきました。
生きている間に縁は無かったであろう東大です



こちらは「赤門」





講堂の名前は分かりませんが、建物はいい感じに古くて、ほとんどがレンガ張りになっていました。
そして、古くなっているレンガを張り替える工事もしていました。





こちらは学食でいただいたメニューです。
名前が「赤門」
どんぶりが大きくて、さすが学食って感じでした。
お味はそんじょそこらのラーメン屋さんに負けてません!
辛みそをあえて食べました。私好みの味でクセになりそうです




こちらも大学内の建物。携帯で撮ったので、素敵感が伝わりにくいとは思いますが。。。




なぜ大学に行ったかといいますと、メインはこちらのファッションショー






キャンバス内にある「骨の博物館」なる建物内で行われたショーです。

東京大学伊藤国際学術研究センター「生きる形」展


普段はウェディングドレスをデザインされている会社です。
ローブ・デュ・マリエ セツコアオキ





骨の博物館でのテーマは「生きる形」そこにドレスでの「生きる形」を表現されたそうです




はじめはコルセット、ドロワーズのスタイルからどんどん重ね着をしていくショーでした。
さすがに人間サイズだけあって、生地の重みや光沢感が違いました。
アンティークな色合いのドレスもあったり、目の保養をさせていただきました
モデルさんの後ろに写っているのは骨たちです。



このドレスのパターンはどうなってるんだろうとか、レースの重ね方などいっぱい
勉強になりました

※ショーや展示物の写真掲載の許可を得ています。

ミディーちゃんオーバーオール

どんどん日にちが。。。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

trackback avater

2012-06-19 17:36