わんだくんのニットパーカーを縫ってみましょう。

w20110728-11.jpg

ニットを縫うときは下糸にウーリーロックミシン糸を使います。
伸縮性がある糸なので、布がつりにくいです。
w20110728-2.jpg


カシメやハトメをつけるときは、穴を開けずに糸を開いて付けます。
ニットの糸を切るとカシメなどが外れやすいです。
通常の布の場合は、大きさに合った穴を開けます。
w20110728-1.jpg

縫うときは布が伸びないように注意しながら縫っていきます。
2~3針進んだら、押さえ金を上げて布を戻します。
送り歯と押さえ金で挟まれているので、必ずといっていいほど伸びます。
その時、目打ちなどで布を押しながら縫うと伸びを防げます。
w20110728-3.jpg

袖にゴムを入れます。
ドール服は小さいので、作りながらゴムを入れていくことが多いです。
w20110728-4.jpg

帽子の部分を作ります。
裏地を付けるので、袋縫いします。
w20110728-5.jpg

紐を付けます。後からでは通せません。
そして、この後は絶対に抜けてはいけません。
一度抜けたら、作り直しになってしまいます。
w20110728-6.jpg

帽子の形にして、紐通し部分を縫います。
マチ針でしっかり紐が動かないように固定します。
w20110728-7.jpg

縫い終わったら、紐が動くかどうか確認します。
たま~に、紐も一緒に縫っているときがあります。
w20110728-8.jpg

身頃と帽子部分を縫い付けます。
通常の布は伸びなくて、きつきつって感じで縫いますが、
ニットは綺麗に平らになるので、縫いやすいです。
が!!伸びるので気をつけないと、ものすごい大きな服が出来上がっちゃいます。
w20110728-9.jpg

ファスナーを付けます。
今回は端っこを帽子部分のロックの下に入れてみました。
若干すっきりな感じがします。
ファスナーは左右ずれてはいけないので、仮留めにボンドを使用します。
ミシンをかけるときに注意することは、縫う方向が違うことです。
向かって左身頃は上から縫うし、右身頃は下から縫うことになります。
ニットはここでも、ずれやすいので、注意して縫いましょう。
w20110728-10.jpg

そろそろカウプレでも。。。

ブライスのエプロン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)